お知らせ 国内外での朗読パフォーマンスを通じた表現活動を続けていきます。現代短歌 歌人 北久保まりこ

北久保まりこ プロフィール

北久保まりこ

東京都生まれ
東京都三鷹市在住
日本文藝家協会会員
日本PENクラブ会員
現代歌人協会会員
日本歌人クラブ会員
心の花会員
Tanka Online Project
Tanka Society of America

和英短歌朗読15周年記念動画
新作英文短歌

北久保まりこ

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご利用下さい。

歌人  北久保まりこ
お知らせ

2020628_01.jpg
アメリカ時間 6月28日4:30pm ~(日本時間6月29日朝8:30~)Zoom reading event、Village Poets of Sunland & Tujungaに参加致しました。
2020628_02.jpg
光栄にも 貴重な時間内に私の和英朗読を、と言って頂きましたので、そのお気持ちにお応えし、コロナ危機に関する和英短歌朗読をさせて頂きました。
2020628_03.jpg
主催なさいましたMaja Trochimczyk氏に心より御礼申し上げます。
2020628_04.jpg
 

2020年06月28日(日)

20200626_01.jpg
アメリカ時間6月26日4時pm ~(日本時間6月27日8時am ~)、Kathabela Wilson氏主催のFriday Poetry Zoom Meetingに参加し、新作の英短歌を朗読致しました。
20200626_02.jpg
各々の参加者により発表された短詩、自由詩 、絵画、ネイティブアメリカンの縦笛演奏に触発された豊かな時間でした。
20200626_03.jpg
皆様ありがとうございました。

2020年06月26日(金)

20200624_01.jpg
アメリカ時間6月24日7時pm ~(日本時間6月25日11時am ~)Kathabela Wilson氏主催のWednesday Poetry Zoom Meetingに参加、短歌朗読を致しました。
20200624_02.jpg
Robert Stuart氏の写真と絵画のコラボ作品や、Rick Wilson氏の珍しい北米先住民Yuma族の縦笛演奏から触発される貴重なひとときでした。
20200624_03.jpg
皆様ありがとうございました。
20200624_04.jpg
 

2020年06月25日(木)

20201619_01.jpg
アメリカ時間6月19日4時pm~(日本時間6月20日8時am~)Kathabela Wilson氏主催のFriday PoetryZoom Meetingに参加、短歌朗読をした。
20201619_02.jpg
本日はことにアート表現に触れる機会に多く恵まれ幸いだった。
20201619_03.jpg
皆様に感謝している。

2020年06月23日(火)

20200619_01.jpg
アメリカ時間6月18日1:30pm~ (日本時間6月19日5:30am ~) Kathabela Wilson氏主催のThursday Poetry Zoom Meetingに参加、ネジバナに関する英短歌連作を朗読した。
20200619_02.jpg
詩歌談義は尽きず、気付けば三時間弱があっという間に過ぎた内容深い集まりだった。
20200619_03.jpg
 
20200619_04.jpg
 

2020年06月19日(金)

20200617_01.jpg
アメリカ時間、6月17日7時pm ~(日本時間6月18日 11時am~)Kathabela Wilson氏主催のWednesday Zoom Gatheringに参加し、新 短歌連作「Ocean Lullabye」を朗読した。皆様に感謝している。
20200617_02.jpg
いつものように互いのアートや音楽表現に触発され合う貴重な時間だった。皆様に感謝している。
20200617_03.jpg
 
20200617_04.jpg
 
20200617_05.jpg
今回は 東京ではそう頻繁には視られぬネジバナを庭先に見つけ、アメリカの参加者に紹介したりもして 楽しいひと時だった。またこれを題材に連作を作りたく思う。

2020年06月18日(木)

20200614_01.jpg
ドイツ時間、6月14日午前11時~(日本時間 同日 午後6時~)Lubecker Wortwerftによりご企画頂きました朗読イベントにて、短歌の紹介と朗読を致しました。
20200614_02.jpg
第一部は和英独3ヶ国語による短歌朗読、第二部は日本語のみによる朗読から、聴衆にどこまでお伝え出来るのか?言語を超越する表現は可能なのか、という大変興味深い実験的試みがなされました。

私のパフォーマーとしての力量と、聞き手の受け皿の豊かさが問われる内容でした。 嬉しいことに、互いに魂を通じ会わせる事が出来、納得のいく結果となりました。
20200614_03.jpg
今回の企画全体にご尽力下さいましたHannah Rau 氏、翻訳をお手伝い下さいましたHeike Jurzik氏、細やかなご感想を下さいましたKaren MahaShakti Gartner氏、その他 オーディエンスの皆様、どうもありがとうございました。

Lubecker Wortwerftサイトはこちら。

2020年06月14日(日)

20200611_01.jpg
Kathabela Wilson氏主催のThursday Poetry Zoom Meeting、アメリカ時間6月11日1:30pm ~(日本時間6月12日5:30am~)とFriday Poetry Zoom Meeting アメリカ時間6月12日4:00pm~(日本時間6月13日8:00am~)に参加した。
20200611_02.jpg
両 Meetingにて、パーカッションを交えた和英短歌朗読をした。画家でもある参加者Robert Stuart氏の作品の鑑賞や、Rick Wilson氏のアルメニアンフルートやネイティブアメリカンフルートの演奏からも触発され、英文短歌を即詠する楽しさは何物にも代え難く良い経験をさせて頂いた。
20200612_01.jpg
KathabelaとRick Wilson夫妻、また参加者の皆様に感謝している。
20200612_02.jpg
 

2020年06月12日(金)

20200605_01.jpg
アメリカ時間 6月5日、4時pm~(日本時間 6月6日 8時am~)Kathabela Wilson氏 主催のFriday Poetry Zoom Meeting に参加した。
20200605_02.jpg
新しい参加者も増え、短歌その他日本の短詩文学に興味をもって貰えてとても嬉しい。

徐々にZoomのセキュリティが強化され、参加する私達が戸惑う事もあるが、今後も柔軟にスキルを上げて対応していきたい。

2020年06月05日(金)

20200604_01.jpg
Kathabela Wilson 氏主催のThursday Poetry Zoom Meetingに参加した。早いもので、今回が6回目だ。
20200604_02.jpg
各参加者からは毎回新鮮な触発を受ける。日本時間の金曜 早朝5時半という開始時間に関係なく、毎回楽しみに参加できるのはそのためである。
20200604_03.jpg
コロナによる不自由で不安な日々に、英文によるクリエイティブな学びの場を与えられ、本当に嬉しく思う。今回は「東京アラート」に関する新しい短歌連作を和英で朗読した。

個人的には、自らの英語短歌作品を和訳するスキルを磨く機会にも恵まれ幸いである。

Kathabela Wilson氏、Rick Wilson氏、参加者の皆様に感謝している。

2020年06月04日(木)