記事詳細 国内、国外で短歌の表現活動を続けています。現代短歌 歌人 北久保まりこ

北久保まりこ プロフィール

北久保まりこ

東京都生まれ
東京都三鷹市在住
日本文藝家協会会員
日本PENクラブ会員
現代歌人協会会員
日本歌人クラブ会員
心の花会員
Tanka Online Project
Tanka Society of America

和英短歌朗読15周年記念動画
新作英文短歌

北久保まりこ

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご利用下さい。

歌人  北久保まりこ
記事詳細

『心の花』2021年09月号に掲載されました

結社誌『心の花』9月号にテーマ「私の自慢」が掲載になりました。ご依頼賜りましたお陰で、長年ひっそりと仕舞われていましたひと品を思い出すことができました。ありがとうございました。

2021_Sept_KokoroNoHana_cover.jpg

 

2021_Sept_KokoroNoHana.jpg

 

『心の花』〈私の自慢〉2021九月号
  
「祖父の懐中時計」

北久保まりこ


 柳川出身の祖父は、 *伝習館中学で北原白秋と同級だった。早稲田大学では理工学部に進んだので、科・学部違いながら、こちらでもほぼ同時期に在学していたことになる。六十代で他界し、直に話す機会は無かったが、時折、彼の名を口にしては、その活躍ぶりに感心していたそうである。

 偉大な文人と、畑違いの祖父の不思議な縁を思うと、遺された懐中時計の重みが、手のひらにひんやりと心地良い。

 生前は、**徳山に創った会社と、東京の自宅を行き来する多忙な日々を送っていた。几帳面な性格で、約束には遅れなかったという。大切な学会や講演の時間を、この時計で確かめたことだろう。祖母と待ち合わせ、当時流行り始めた英国式のティータイムを楽しんだかもしれない。末娘の誕生を喜んだ時、出征する息子を、涙を堪えて見送った時など、人生の様々な局面で、このオメガはいつも祖父の傍らに在った。

 「よく今まで取って置かれましたね。貴重な品を預けて下さってありがとうございました。まだちゃんと動きますよ。」
分解掃除をしてくれた職人の言葉である。

覚まされし妙なる眠り 百年の記憶涼しき懐中時計 (二〇二一年六月四日 自作)

*現・県立伝習館高等学校。**現・周南市。