お知らせ 朗読パフォーマンスや表現活動の最新情報はこちら 現代短歌 歌人 北久保まりこ

お知らせ 国内外での朗読パフォーマンスを通じた表現活動を続けていきます。現代短歌 歌人 北久保まりこ

北久保まりこ プロフィール

北久保まりこ

東京都生まれ
東京都三鷹市在住
日本文藝家協会会員
日本PENクラブ会員
現代歌人協会会員
日本歌人クラブ会員
心の花会員
Tanka Online Project
Tanka Society of America

北久保まりこ

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご利用下さい。

歌人  北久保まりこ
お知らせ

広島花幻忌の会「春の碑前祭」に参加して

北久保 まりこ

脱原発社会を目指す文学者の会会員の天瀬裕康氏から初めてご連絡を頂いたのは、昨年の師走でした。拙いながら会報に寄稿致しました私の短歌連作をお読みになり、ご自身の歌集を送りたいと言って頂いたのがきっかけでした。被爆者の鋭く熱い眼差しとともに、医学博士としての冷静な側面も垣間見られるお歌の数々に胸をうたれながら、歌集『時は流れ往けど』を一期に拝読致しました。

これまでは、国外の作家や歌人ら、また広島原爆の図・丸木美術館で朗読してきました私の歌群を、いつの日にか、広島でもお聴き頂きたいという気持ちをお伝えしたところ、原民喜の命日に例年行っおられる「花幻忌の会 春の碑前祭」に参加してはどうか、と提案して下さいました。

以下、会についての詳細を、冊子「広島花幻忌の会」より抜粋致します。
~会は、原民喜が亡くなった翌一九五二年、彼と親交の深かった遠藤周作、大久保房男らが中心となり、命日の三月十三日に集いを開いて民喜を偲ぶ東京での「花幻忌会」が誕生しました。三十三回忌に当たる一九八三年には東京のメンバーが来広。故郷広島での集いが実現しました。これらの流れは広島在住の親族や民喜ゆかりとの人々に引き継がれ、没後五十周年を前にした二千年九月「広島花幻忌の会」の結成に繋がりました。以来今日に至るまで、「広島花幻忌の会」は東京「花幻忌会」との連携を保ちながら様々な継承・啓蒙・研究活動を続けています。~

本年三月十一日(日)のプログラムは、京橋川河川縁の被爆柳のもとで行われました第一部と、コミュニティアカデミー上幟で行われました第二部の二部構成でした。

第一部(被爆柳前にて)13:30~
●開会の言葉
長津功三良氏(広島花幻忌の会事務局長)
●挨拶
岡部喜久雄氏(上幟町北町内会長)
縫部高志氏(橋本町上町内会長)
●被爆柳案内板 説明 テープカット
原時彦氏(原民喜の甥・著作権継承者)
ウルシュラ・スティチェック氏(広島大学非常勤講師)
●献花・黙祷
●朗読
幟町学区中・高・専門学校の生徒・学生の皆さん
●合唱「永遠のみどり」
広島市立幟町小学校合唱部の皆さん
記念撮影

第二部(コミュニティアカデミー上幟にて)~16:00
【原民喜を語る】
1)被爆柳をめぐって
原時彦氏
2)民喜の詩と自作短歌朗読・語り
北久保まりこ
3)原民喜と短詩型文芸
天瀬裕康氏

朗読致しました民喜の詩「家なき子のクリスマス」を引用致します。
主よ、あわれみ給へ 家なき子のクリスマスを
今 家のない子はもはや明日も家は無いでせう そして
今 家のある子らも明日は家なき子となるでせう
あわれな愚かなわれらは身と自らを破滅に導き
破滅の一歩手前で立ちどまることを知りません
明日 ふたたび火は空より降りそそぎ
明日 ふたたび人は灼かれて死ぬでせう
いづこの国も いづこの都市も ことごとく滅びるまで
悲惨はつづき繰り返すでせう
あはれみ給へ あはれみ給へ 破滅近き日の
その兆しに満ち満てるクリスマスの夜のおもひを

左記は、反戦平和を願う旧連作と共に朗読致しました自作新連作「広島花幻忌によせて」の一部です。
・雪の声樹木の声の有るらしも死びとの声とならむ花幻忌
・血の叫び声にせんとて立ち上がるわれを許し賜ふや民喜
・地に沁みしに吸はれし苦しみを昇らしめんと心をひらく
・民喜の詩引き受くる力あるかなどかけし後も判らぬ
・心して挑まむ元よりもてるものすべてをかけて広島 碑前祭

反核反戦への願いをたゆまず形にして来られた会の皆様と、深い祈りの時間を共に過ごさせて頂きましたことに、心より感謝致します。

最後になりましたが、被爆柳を前に広島市立幟町小学校合唱部の皆さんが澄んだ歌声で合唱されました「永遠のみどり」を引用し、今回の参加のご報告とさせて頂きます。

「永遠のみどり」作詞 原民喜 作曲 尾上和彦
ヒロシマのデルタに
若葉うづまけ

死と焔の記憶に
よき祈よ こもれ

とはのみどりを
とはのみどりを

ヒロシマのデルタに
青葉したたれ

 

会報の掲載ページ抜粋
(クリックすると大きな画像でご覧になれます)

20180809_article01.jpg

 

20180809_article02.jpg

2018年08月09日(木)

「脱原発社会を目指す文学者の会」でご一緒の、広島在住の被爆者、文学者、医師でもある天瀬裕康氏 編著による混成詩集「核と今」に、私の短歌を転載して頂きました。

これら三首は、今年三月に参加致しました原民喜忌「花幻忌の会 春の碑前祭」によせて作りましたものです。

20180804_hirosima_amasehiroyasu_01.jpg

 

20180804_hirosima_amasehiroyasu_02.jpg

2018年08月04日(土)

中部日本歌人会会報 第84号にお知らせが掲載になりました。
中部日本歌人会さま ありがとうございました。

11月3日 14時~約90分 朗読&トークを、持参する民族楽器 数種類をBGMに、お楽しみ頂けましたらと思います。

海外及び国際イベントでの和英短歌朗読150回をむかえ、国内でも少しずつお聞き頂く機会をつくっていかれましたら、と存じます。

20180803_chubutankakai_01.jpg

 

20180803_chubutankakai_02.jpg

2018年08月03日(金)

「心の花 創刊120年記念号」の会員 自選三首に私の歌が掲載されました。

20180730_kokoronohana_01.jpg

 

20180730_kokoronohana_02.jpg

2018年08月01日(水)

Tanka Society of America Ribbons 2018年 春/夏号に私の作品が掲載されました。

 

2018073011_TSA.jpg

 

Tanka Cafe - the theme: Relantionships

like my son
like my grandpa
and like me,
grandchild likes
drawing

2018073012_TSA.jpg

 

 

Selected Tanka

the deep blue
of an Alaskan sky
then the voice of an aurora
I want to dive
into the universe

2018073013_TSA.jpg

 

Tanka Society of America に掲載された作品は、下記URLよりご覧ください。

http://en.kitakubo.com/index.php/category/tsa

 

2018年07月30日(月)

2018_07_06_00.jpg
7月2日~7日 ポルトガルのリスボンで開催されました芸術イベント「Animusic Portugal2018」のスケジュール Atlantic Sunset にて、7月6日午後6時より 和英短歌朗読を致しました。
2018_07_06_01.jpg
 
2018_07_06_02.jpg
普段はなかなかお会いできない 共産圏を含む世界各地からの音楽大学教授を中心とした表現者の方々にお目にかかることができ幸いでした。
2018_07_06_03.jpg 短詩型文学に関心をもたれておられる方も多く、興味深くお聞き頂けましたことに、心より感謝致します。
2018_07_06_05.jpg
 
DSC_4670.JPG
 
2018_07_06_06.jpg ANIMUSICのスケジュールページ。
https://congressorganimusic.wixsite.com/co2018oc/programa-schedule

ANIMUSICのサイトトップページ。
https://congressorganimusic.wixsite.com/co2018oc

2018年07月06日(金)

文芸誌"Einunddreissig"の共同編集者であるValeria Barouch氏が、同誌8月号のInternational Tankaのコーナーに私の短歌10首を掲載したいと言って下さいました。

掲載時にはドイツ語に翻訳して頂ける予定です。

2015年、スイス、ロールシャッハにて和英短歌朗読をお聞き下さって以来の嬉しいご連絡とご依頼に、心より感謝いたします。

"Einunddreissig"のウェブサイトは、下記URLよりご覧になれます。

http://www.einunddreissig.net/

2018年06月26日(火)

来る7月6日、自身初のポルトガルでの和英短歌朗読による短歌紹介を致します。

芸術イベント「ANIMUSIC Oranological Congress 2018」詳細は、下記サイト内の「Atlantic sunset」コーナーをご参照下さい。

https://congressorganimusic.wixsite.com/co2018oc/programa-schedule

ANIMUSICウェブサイトで私の作品が掲載されました。
こちらもあわせてご覧いただければ幸いです。

https://sites.google.com/site/animusicpt/httpsitesgooglecomsiteanimusicptintroduo/activities/eventos/congresso-da-organologia/arquivo-archive/congresso-de-organologia-2018/abstracts/prayer-for-peace

2018年06月20日(水)

英文詩歌誌 Eucalypt 2018年24号に私の短歌が掲載されました。

掲載作品はこちらをご覧ください。

20180617_eucalypt_01.jpg

2018年06月19日(火)

英文短歌誌『Moonbathing』に私の短歌が掲載されました。

掲載作品は、こちらをご覧ください。

 

20180617_moonbathing_01.jpg

2018年06月18日(月)

この度 飯塚書店より出版されました『誰にも聞けない短歌の技法 Q&A』(日本短歌総研編著)に、私の第六歌集『INDIGO』より、ベトナムを独り旅した折に詠みました歌が掲載されました。

*流されず過去はしづみぬ 天の川涅槃のやうに映せるメコン

編者の皆様に、心より御礼申し上げます。

どうもありがとうございました。

下の画像をクリックすると大きな画面でお読みになれます。

2018_05_28_01.jpg

 

 2018_05_28_04.jpg

2018年05月28日(月)

2018_04_29_11.JPG


2018年4月29日、Nick Virgilio Writer's House Opening eventに、報道関係のビデオも入り こちらでの関心の高さがうかがえます。

テープカットまでのひととき。

Nick Virgilio 俳句協会代表 George Vallianos氏。

 

2018_04_29_12.JPG
テープカットまでのひととき。
Squires Consulting社長 Bonnie Squires氏。
2018_04_29_13.JPG
テープカットまでのひととき。
2018_04_29_14.JPG
テープカットまでのひととき。
カムデン Sacred Heart教会 Michael Doyle神父。
2018_04_29_15.JPG
4月29日、昨日にもまして多くの来場者を迎え、記念すべきNick Virgilio Writer's House のオープニングに参加させて頂き、感動的な一日を過ごす事が出来 大変光栄でした。

聴衆の皆様からの熱い声援と拍手に心から感謝致します。
2018_04_29_16.JPG
本日の和英短歌朗読は、昨日のNostalgia Vietnamとは又別の連作、Prayer for the furnitureを歌集INDIGO(Shabda Pressより発売)内の小題Betelgeuseから選びました。

Nick Virgilio 俳句協会取締役 Robin Palley氏 。
2018_04_29_17.JPG
皆様に向かってスピーチなさる Michael Doyle神父。
2018_04_29_18.JPG
短歌を世界に紹介する主旨と共に、国境を越えて全地球の未来への祈りを発信出来ましたことを心に刻み、これからの活動の糧にして参ります。ありがとうございました。

2018年04月29日(日)

2018_04_28_01.JPG
4月28日、Nick Virgilio Writer's HouseのOpeningイベントにて、キースピーカーとして朗読させて頂きました事は 大変素晴らしい経験でした。
2018_04_28_02.JPG
歌集INDIGO(アメリカの出版社Shabda Pressより発売)より、Nick Virgilio氏に因んだ連作「Nostalgia Vietnam」を選び、これまで以上に深い思いを込めてパフォーマンス致しました。
2018_04_28_03.JPG
鳴り止まぬ拍手を待つ間、この感謝と感動をどう皆様に伝えようかと巡らした思いを忘れず、明日 29日も、魂から魂へ伝える朗読を致したく思います。

George Vallianos氏
Nick Virgilio 俳句協会代表
2018_04_28_04.JPG Robin Palley氏
Nick Virgilio 俳句協会 取締役
 
2018_04_28_05.JPG
Michael Doyle神父
カムデンSacred Heart教会
2018_04_28_06.jpg
 。
2018_04_28_07.jpeg
 
2018_04_28_08.jpg
 

2018年04月28日(土)

カナダ、モントリオールでの朗読活動より帰国した4月8日、PCに 今月末の朗読のご招待がアメリカNJ州から届いていました。 キースピーカーとして身に余るご紹介を賜わり、大変光栄に存じます。 体調をととのえて、できる限りのことをさせて頂きたく思います。

日時: 4月29日 午後1時~
場所: the Nick Virgilio Writers House

詳細は、下記サイトをご参照ください。

Nick Virgilio Haiku Association フェイスブックページ
http://goo.gl/UzwPhm

Nick Virgilio Haiku Association ウェブサイト
https://www.nickvirgiliohaiku.org/

the Nick Virgilio Writers Association のfacebookページに掲載されたご案内です。
クリックすると大きな画像でご覧になれます。

20180417_nick_virgilio_haiku_association.jpg

 

告知リーフレット
クリックすると大きな画像でご覧になれます。

2018_04_29_01.jpg

2018年04月16日(月)

2018_04_06_11.jpg
4⽉6⽇、午後12時45分より、カナダ モントリオールの学校法⼈Jean Grou at Commission Scolaire Marguerite-Bourageoys 6年⽣(12歳)のクラスにて、和英短歌朗読パフォーマンスによる短歌の紹介を致しました。
未知の⽂化を吸収しようとする素直な態度に感謝と感動を覚えたひとときでした。
2018_04_06_12.jpg
今回は⽇本最古の⽂学の紹介に加え、折り紙をして楽しんで貰う時間も設け、互いに親しく交流できましたことが、良い経験になりました。
⽂化の交流とは、けして堅苦しく厳めしいものではなく、互いの⼼の距離を縮めることであると再認識できた試みでした。
2018_04_06_13.jpg
 

2018年04月06日(金)

2018_04_06_02.jpg
4⽉6⽇午前10時より Jean-Grou at Commission Scolaire Marguerite-Bourageoys のKindergarten にて⾏いました和英短歌朗読の様⼦です。
聞き⼿としては最年少の五歳児たちは、愛らしい瞳を輝かせ興味深げに⽇本の韻律に⽿を傾け、英⽂から内容を感じ 取ってくれたようでした。
2018_04_06_01.jpg
今回は朗読の他に、折り紙で遊ぶ時間も設けました。彼らにとってこれらの経験が、⽇本⽂化にふれた楽しく温かい思い出となれば幸いです。
2018_04_06_03.jpg
別れ際には 次々に私に抱きついてきてくれた純粋無垢な表情は、忘れ難い宝物となりました。

2018年04月06日(金)

2018_04_05_JCCCM01.jpeg
4月5日、カナダモントリオールに在りますJCCCM(Japanese Canadian Cultural Center in Motreal) にて、和英短歌朗読を致しました。
2018_04_05_JCCCM02.JPG
⽇頃から短歌に親しんでいらっしゃる⽅々も、そうでない⽅々も 共に懐かしい⽇本の韻律をお楽しみ頂き幸いでした。
2018_04_05_JCCCM03.JPG
 
2018_04_05_JCCCM06.jpg
 朗読後の和やかなひと時。
2018_04_05_JCCCM04.JPG
今回大変お世話になりました間 由香里氏と。
2018_04_05_JCCCM05.JPG
滞在中大変お世話になりました 親友 Maria Fernanda Perez Calvo氏のご伴侶 Osvaldo Rabunal氏(ギタリスト)と 共に。

2018年04月05日(木)

4月5日  カナダ モントリオールに在りますJCCCM (Japanese Canadian Cultural Center / 日系文化会館)にて、短歌和英朗読を致します。 ご理解ご協力下さいました間 由香里氏ほか現地スタッフの皆様に御礼申し上げます。

4月6日  カナダ モントリオールの学校 Jean Grou にて、若い年齢層の方々に、短歌和英朗読を致します。私の活動に共感してくださいました友人 Maria F. P. Calvo氏に感謝致します。

両ご報告は追ってお知らせ致します。

2018年03月26日(月)

2018_03_11_01.JPG
3月11日、初めて『広島 花幻忌』「春の碑前祭」に参加させて頂きました。
2018_03_11_02.JPG
広島 花幻忌の会のサイトにも当日の様子がアップされました。
http://hananomaboroshi.hatenablog.com/
2018_03_11_04.JPG
 
2018_03_11_05.JPG
会員の皆様が長年大切にされて来られた反核への熱い思いにふれ、祈りの心で過ごした貴重なひとときでした。
2018_03_11_06.JPG
 
2018_03_11_07.JPG
 
2018_03_11_08.JPG
この度 大変お世話になりました作家の天瀬裕康氏。「脱原発社会を目指す文学者の会」でのご縁で 今回の参加が実現致しました。
2018_03_11_09.JPG
広島の若い方々による原民喜の詩の朗読や、少年少女の歌声に力強い息吹を感じました。
2018_03_11_10.JPG
 
2018_03_11_11.JPG
 
2018_03_11_12.JPG
 
2018_03_11_13.JPG
原爆ドーム前 原民喜の詩碑と共に。
2018_03_11_14.JPG
司会をなさる花幻忌の会事務局長 長津功三良氏(左)と 被爆柳のお話をされる原時彦氏(右・原民喜の甥)。
2018_03_11_15.JPG
Photo by 宮本英雄

2018年03月11日(日)

3月11日、広島で行われます原民喜 花幻忌 (碑前祭)にて民喜の作品と自作短歌の朗読をさせて頂くことになりました。
心して魂と祈りをこめたパフォーマンスをさせて頂きたく思います。

追ってご報告をいたします。

「広島花幻忌の会」サイトに案内が掲載されました。クリックすると大きな画像でご覧になれます。

20180311_01.jpg

2018年03月05日(月)