本阿弥書店 歌壇 これまで雑誌に発表してきた発表作品・鑑賞文を紹介します 現代短歌 歌人 北久保まりこ

北久保まりこ プロフィール

北久保まりこ

東京都生まれ
東京都三鷹市在住
日本文藝家協会会員
日本PENクラブ会員
現代歌人協会会員
日本歌人クラブ会員
心の花会員
Tanka Online Project
Tanka Society of America

北久保まりこ

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご利用下さい。

歌人  北久保まりこ
本阿弥書店  歌壇

本阿弥書店  歌壇
これまで発表してきた、短歌・鑑賞文などを発表します。

晩年はいつからならむ廃村に親猫が子を産んでゐるなり

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

夢などを語りし日あり 今はもう亡いかもしれぬベテルギウスよ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今よりも赤かつたらうか太陽はマヤの人らの崇めゐしころ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

火の中に笑ふ顔見き悪神か亡母か己かさだかならねど

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

包みこむ阿古屋のこころ瑟瑟と哀しみの層玉となるまで
大洋(おほうみ)を隔て来し愛その若き優しさ 強さ 脆さまばゆさ
傷おひし椰子の実ひとつ抱きをり光ふふめる両の翼に
君の手に操られたる小型機の雲なる時間 雪より白し
信ずるは愚かなるらむさうならば時に愚かなわれにもならむ
しあはせの器の外に育ちたり太陽のごと其を恐れつつ
星雲のうしろに隠るる幸ひの滴つなぐや銀の指さき

 
 
 
 
 
 

山祇(やまつみ)に見守られをり 柔らかき地に眠りゐし骨を洗ふ手

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

バリバリと時間の層を剥がしゆき何もなくなる解体現場

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

もう五年経つんですね柚子切りの蕎麦を啜れる亡母(はは)と居た席

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

酒になる前の葡萄のひと粒が幼い眼をして助けてと言ふ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

水溜りから雲が出てゆくやうにしてあの朝父は居なくなりたり